• 2017年はどんな自分になりたい?素敵な私になる新年の目標の立て方

    みなさんにとって2016年はどんな年でしたか?

     

    今までやりたかったことが達成できた方や、色々なことをやり残してしまったなぁという方もいらっしゃるでしょう。

     

    新たに迎える2017年みなさんはどんな年にしたいですか?

     

    充実した一年を迎えるために

    pexels-photo-219998

    アメリカでもNew Year’s Resolutionといって、今までの行いを改善し新年から心機一転しようという、日本でいう新年の抱負を立てる人が多いです。

     

    人生には色々な時期があるので、いつも全て順調に事が運ぶわけではありませんが、充実した一年にするために大切な事、それはその年の目標をしっかりと立てる事です。

     

    目標を立てるのにオススメな時期は年が明ける前の年内。

     

    なぜかというと、目標を立てるためには今年をしっかり振り返り、自分の現状を知り分析するという事が大切だからです。その上でなりたい自分、成し遂げたいこと、つまりゴールを明確にし、そのためには具体的にどのようなことをすれば良いのかを目標としてTo Do Listのように立てていくのです。

     

    また、年が明ける前にこの作業を済ませておくと、新年からすぐに目標を達成させるために行動ができ、気持ちの良いスタートが切れます。

     

    目標を立ててみよう!

    study-girl-writing-notebook-159810

    ①まずは今年の自分を振り返りましょう。書き方は自由ですが、今年できたことと、やりたかったのに出来なかったことを書き出しましょう。もしも、去年書いた「今年の目標」の紙があれば、そのうちのどれが出来て、どれが出来なかったかが一目瞭然ですね。

     

    その中で出来たことに関しては自分を褒めてあげ、それ以外の出来なかったことや自分の直したいところ、これが来年の目標を立てる上でのキーになります。

     

    ②次にその出来なかった事が、もし今もまだ成し遂げたいと思っていたらその事と、それ以外にも新年からぜひ挑戦したいことを紙に思いつくまま、とにかく書き連ねていきます。

     

    ③書き終えたらそれらを見ながら、それを達成するためには具体的にどのような行動を起こしていくかを考えて書いていきましょう。”そこに書いたことを確実に実行していく事”が目標達成に不可欠になります。

     

     

    目標を立てる時のコツ

    stocksnap_4s23gf9hgw

    「今年は痩せる」というような抽象的な目標ではなく、「マイナス5キロを目指し、週に3回ジムに行く」や「料理のレパートリーを増やす」というよりは「1週間に1回、週末のいずれかの日は必ず新しいメニューに挑戦する」などより具体的な目標を立てて行くほうが、自身も目標をイメージしやすくなります。

     

    自分がすでにその目標を達成していることを描けるくらいしっかり自分の潜在意識にも意識させておく事が大切であり、また自分で文字にして書く事がポイントです。

     

    書き終えたものは目につくところに貼っておくと良いでしょう。しかし、時間が経つとそれが風景の一部となり風化してしまう、、、という方は、どこかにしまっておき、携帯の機能のカレンダー機能を使って3ヶ月ごとにその紙を見るように設定しておくのも自己チェックができて良いかもしれません。

     

     

     

    いかがでしたか? 今年の自分を振り返り、2017年はさらに素敵な自分になれるよう頑張りましょう!

    A hui hou! (それではまた!)

     

    キレイになれるメルマガ
    キレ☆マガ

    一般のお客様に公表する前に、メルマガ会員様に先行案内することも・・・
    お得な情報をいち早く提供させていただきます。