ツヤ髪キープに欠かせない上手なドライヤーのかけ方

ドライヤーは熱で髪が傷みそうだから、タオルドライと自然乾燥だけにしている・・・という方、いらっしゃいませんか?

実はコツを押さえてドライヤーを使ったほうが、髪への負担が少なくツヤ髪をキープしやすいんです。

今回はツヤ髪になるための上手なドライヤーの使い方をご紹介します。

 

まずはしっかりタオルドライ

towl

ドライヤーをかける前に、まずはしっかりタオルで乾かしましょう。

この時注意したいのが、タオルの摩擦で髪が傷んでしまうこと。

こすったりせずに、髪をタオルで挟んで押さえ、しっかり水分を取りましょう。

これでドライヤーをかける時間を短縮することができます。

 

ブロッキングして根元からしっかり乾かす

スクリーンショット 2016-08-31 午前1.19.33

しっかりタオルドライができたらドライヤーをかけましょう。

・アウトバストリートメントなどで髪をドライヤーの熱から守ってあげること

・髪をいくつかにブロッキングして少しずつ乾かしていくこと

がポイントです。

熱を利用して髪に浸透するタイプのトリートメントはドライヤー使用前に最適。

また髪をブロッキングすることで根元からしっかり乾かすことができるうえ、時間短縮にもつながります。

 

冷風でツヤ感アップ

髪がしっかり乾いたら、最後にドライヤーの冷風を上から下にあてていきます。

これがツヤ髪キープの大きなポイントです。

髪の成分は熱で柔らかくなり、冷えるときに型を固定する性質があるので、ここでブローした状態が固定されることになります。

ドライヤーの熱風をあてながらパーマを出したり、ストレートにブローしたら、最後に冷風をあてて固定することを忘れないでください。

また上から下にあてることでキューティクルが流れに沿ってキレイに引き締まるので、ツヤのある美しい髪に仕上がります。

 

ドライヤーの技術に頼ってみる

普段使っているドライヤーを見直してみるのも、おすすめしたいところです。

十分な風量・風圧がある業務用のドライヤーは、少し値段が高くても使ってみる価値アリです。

一度使うと市販されているドライヤーが使いたくなくなるほど短い時間で乾くうえ、仕上がりもキレイです。

プロが使っている道具を買ってみるのも、サロン帰りのようなツヤ髪を手に入れるための一つのポイントかもしれません。