2016年もあとわずか、お疲れモードの師走を元気乗り切ろう!

Aloha mai! あっという間に今年も残すところあと一ヶ月になりました。師走の時期は仕事だけでなく、忘年会やホリデーパーティーなど予定が目白押しな季節で、目が回りそうなくらい忙しくなります。

やらなければいけないことはいっぱいあるのに、お疲れモードでパワーが出ない、、、そんな人も多いのではないでしょうか。

今日はそんな師走を元気に乗り切れる方法をご紹介します。

 

 

医食同源、抗酸化作用でエネルギー補給!

stocksnap_57b73jqemc

 

長時間の労働の中で頭を使って働いたり、また年末の大掃除など重労働で体を動かしたりすると、通常より多くの活性酸素が発生し、傷ついた細胞の増加により体の機能が低下して体がだるくなったり疲れやすくなったりします。

 

そこで活性酸素に対抗するための抗酸化作用のある食べ物をいつも以上に意識して取るようにしましょう!

 

フルーツや野菜には抗酸化成分がたくさん含まれており、ある女優さんは撮影が続いて忙しい時はフルーツをカットしたものを意識してよく食べているそうです。ベリー類、緑黄色野菜、アーモンド、バナナ、アボカドなど積極的に摂取するように心がけましょう。

 

質の良い睡眠がポイント

 

pexels-photo-46100

 

疲労回復のためには睡眠がとても大切なことは重々承知でも、忙しい時期はなかなか十分な睡眠時間が取れない、、、なんてことありますよね。そんな時は量より質で、質の良い睡眠で疲労回復に努めましょう!

 

コーヒーなどカフェインの入ったものを避ける、また寝酒は入眠には効果的ですが眠りが浅くなり質の良い睡眠は望めません。そしてスマートフォンなどの使用は脳を刺激しますので、就寝前は控えましょう。

 

忙しすぎるとベットの中でも明日のことを考えてしまったり、どこか緊張状態でなかなか寝付けません。そんな時は脳ではなく呼吸に意識してみましょう。ゆったりとした姿勢をとり、ゆっくり鼻から息を吸い口から細い糸を出すように息を吐き出します。

 

こうすることで一旦頭から考えごとから解放されたり、血行の循環も良くなるので全身に酸素が行き渡りやすくなり疲労回復にもなります。

 

疲れを癒すチャイルドポーズでリラックス

 

stocksnap_vgpll83ygr

 

ヨガには様々なポージングがありますが、短時間で心身の疲れを癒す「チャイルドポーズ」がオススメです。デスクワークで座りっぱなし、パソコンを見っぱなしの方などは仕事が終わった後、身体が固まっている時などに身体を動かす機会が少ない方におすすめのポーズです。

まず両手は肩幅、足は腰幅に開き、そのまま四つん這いの態勢をとります。ゆっくりと息を吐きながらお尻をかかとの上に落としていきます。そして上体を前に倒していき両手を伸ばします。つま先を伸ばして足の甲が床につくような形にし、呼吸を楽にするようにイメージします。このまま自分が楽だと感じるように顔の向きや下半身の開きを調整し一分間ほどゆっくりと呼吸を続けます。身体を起こす時はゆっくりと息を吐きながら態勢を戻します。

 

ポイントはリラックスして呼吸をゆっくり行うこと。焦らず呼吸が落ち着くのを待って、身体がリラックスしているのを感じるようにしましょう。

ただし妊娠中の方、膝に故障を抱えている方は控えておいたほうがよいかもしれません。

 

どれも気軽に取り入られる方法なので是非試してみてくださいね!

そして2016年の師走を乗り切りましょう!

A hui hou! (それではまた!)