美容でよく聞く「リンパ」って何?入門編

Aloha mai! よく美容雑誌やインターネットでは「リンパ」という言葉が出てきます。

リンパの流れを良くする、リンパマッサージなどの言葉がよく耳に入ってくるので、リンパが美容と大きく関わっているのはわかっても、その正体は何だか曖昧だという方もいらっしゃると思います。

今日はそんなリンパについての少しお勉強してみましょう。

 

リンパの正体

飲むだけでOK!ハワイ美人に人気のジュース

血液の血漿という成分の一部が血管外に染み出し、静脈と平行にあり身体中網目状に張り巡らされたリンパ管に回収されリンパ液となります。

 

リンパは体の下水道処理のような役割や身体を守る役割をしてくれています。

 

そして下水処理場の役割をしてくれているのが、身体中に800箇所もある卵状の節のリンパ節です。このリンパ節がリンパ液に含まれる老廃物や細菌を濾過し除去してくれる役割をしています。

 

*老廃物の回収と排泄

*細菌を退治し、異物や細菌を血管に入れないようにするフィルター機能

*ウイルスなどへの抗体を作り、病原菌の再侵入を防ぐ

 

このリンパの流れが滞ると余分な水分や老廃物、毒素がうまく排泄されず体内に蓄積され、免疫機能や栄養の取り込みもうまく機能せず、様々な障害が生じてきます。

 

肩こりやむくみ、疲労などの原因にもなり、また肌荒れ、二重アゴなどもこのリンパの流れが滞ったのが原因だと言われています。

 

知っておくとよいリンパ節とその影響

3大リンパ節と言われるのが、鎖骨にある鎖骨リンパ節、脇の下にある腋下リンパ節、足の付け根の鼠径リンパ節です。これに首の付け根にあり300以上ものリンパ節が集合すると言われる頸部リンパ節も付け加えましょう。

 

それぞれのリンパ液の流れやリンパ節が滞ると以下のような症状が現れます。

 

頸部リンパ節ー二重アゴ、肩こり、頭痛、自律神経の乱れ

鎖骨リンパ節ー慢性的な肩こり、肌トラブル、老化、倦怠感

腋下リンパ節ー肩こり、二の腕のたるみ

鼠径リンパ節ーむくみ、冷え性、足が太くなる、生理痛

 

逆にいうと、この部分をしっかり意識してケアすることによってこれらの症状を和らげたりすることができるということです。

 

リンパマッサージ

リンパマッサージとは筋肉をもみほぐすマッサージと違って、ポイントはゆっくりと撫でるような力加減でリンパの流れる方向に沿って行うことです。というのもリンパ液というのは肌のわずか数ミリ下に張り巡らされている繊細なリンパ管に流れているからです。

 

もう一つのリンパマッサージのポイントは、流した老廃物をしっかりリンパ節に入れ込むように最終ゴールをリンパ節に持っていくことです。

 

リンパマッサージはお風呂の中やお風呂上がりなどに行うとなお効果的です。

 

またふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるように、血液を心臓に向かって送り出す大切な役割をしています。そのため、足首を回したりかかとの上げ下げ、運動やストレッチも効果的です。ふくらはぎがポンプのように血液を送ってくれることで、リンパの流れも良くなりますので是非試してみてください。

 

いかがでしたか?リンパマッサージやストレッチなどは気軽にできるところが嬉しいですね!

美容だけでなく、体の機能を整えたり疲労回復にも重要な働きをしてくれるリンパに関してまたご紹介したいと思います。

 

A hui hou! (それではまた!)