ダイエットからリラック効果まで。魅惑のスパイス「クミン」の凄いわけ⭐︎

Aloha!

エスニック料理のスパイスの香りには食欲をそそられる人も多いのでないでしょうか。

スパイスの中でも食事をより美味しくしてくれるものというだけでなく、その美容と健康効果で注目されている「クミン」。

クミンには

さっと一振りキレイの素、その小さい粒に詰まっているクミンの凄いわけをご紹介します。

 

クミンとは?

クミンとはセリ科の植物でエジプト、インド、ヨーロッパなどで栽培されている植物です。

私たちがクミンを使った料理で馴染みのあるものと言えばカレーですが、そのほかにも様々なエスニック系の料理に使われ欠かせないスパイスの一つです。その独特の香りは食欲をそそり料理の味を引き立てます。

クミンには種をそのまま使用するクミンシードと、種を粉状にしたクミンパウダーの2種類があり、用途によって使い分けることができます。

クミンには数々の興味深い歴史があり、古代エジプトではこのクミンがミイラの防腐の役割を果たし保存のために使用されていたと残されています。

また、その昔ヨーロッパでは薬、美容のためだけでなく、まじないに使われるなど、知れば知るほど興味深い歴史のあるスパイスです。

 

クミンに含まれる栄養素

クミンには代謝を上げるビタミンB類、美肌効果のビタミンC、アンチエイジングのビタミンEなどたくさんの栄養素が含まれています。

クミンにはナイアシンが含まれますが、ナイアシンはビタミンB群の一つで中性脂肪やコレステロール値の低下、アルコールの分解に働きかける栄養素です。またミネラルも豊富に含まれ、むくみの原因である塩分排出効果のあるカリウム、高血圧を予防したり精神を安定させるマグネシウム、血を作ったり貧血防止の鉄分、丈夫な骨を作るカルシウムなどがあります。

注目すべきは「クミンアルデヒド」という成分でこれはクミンにしか含まれていません。クミンの独特な香りはこのクミンアルデヒドからくるものですが、この香りが消化器官の活性化を促したりリラックス効果を与えてくれます。

また柑橘系に含まれているリモネンもクミンには含まれており、このリモネンにはリラックス効果があると言われています。

 

クミンの嬉しい効果

ダイエット効果

クミンには体内のコレステロールの吸収を抑える効果があります。実際に行われた実験で小さじ1杯のクミンを入れたヨーグルトと入れていないものを二つのグループに分かれて1日2回、3ヶ月間摂取してもらいました。またその間摂取カロリーも500キロカロリー控えてもらいました。その結果、両グループ減量に成功したのですが、クミン入りのヨーグルトを摂取したグループは平均で約6キロの減量をしたそうです。クミンなしのヨーグルトのグループは1.4キロの減量でした。体重だけでなく注目したいのはクミン入りのグループは無しのグループに比べ体脂肪が3倍減少し、悪玉コレステロールや中性脂肪値も減少したと研究結果が出たのです。クミンには体重を減らすというだけでなく、体の中から健康にする効果があることが伺えます。

消化促進効果

クミンに含まれるチモールという成分が唾液腺を刺激し、食物の消化を助けます。消化不良を助けてくれるので、食べ過ぎによる胃もたれにも役立ちます。ただし、スパイスは胃を刺激する働きもあるので食べ過ぎには注意です。

アンチエイジング効果

クミンはアンチエイジング効果のある栄養素の宝庫です!ビタミンC、ビタミンE、リモネン、クミンアルデヒドには強い抗酸化作用があるので、女性にはとても嬉しいですね。細胞のサビつきや老化を防いでくれます。

リラックス効果

クミンに含まれるリモネン、クミンアルデヒドが神経を落ち着かせリラックス効果を期待できます。

クミンはアロマテラピーエッセンシャルオイルとしても使われます。疲れが溜まってしまったり、心を落ち着けたいときはクミンのエッセンシャルオイルでリラックスするのもお勧めです。

デトックス効果

クミンには食物繊維が豊富に含まれているのでお通じを良くしてくれます。また腸内に溜まったガスの分解をしてお腹の張りを和らげてくれたり、体内に溜まった老廃物を体外に出してくれます。実際にアーユルヴェーダでは消化系のトリートメントに使われることがあるそうです。

風邪防止

クミンは抗炎症、抗細菌があるため風邪の症状を和らげてくれます。また炎症を起こした筋肉を和らげ、免疫力を高めてくれます。

 

そのほかにも亜鉛やカリウムを豊富に含むことから男性の精子の元になり、女性だけでなく男性にもとてもお勧めのスパイスです。またクミンアルデヒドの香りは食欲増進の効果もあるので、食欲がなくなる夏場にはぜひお勧めです。

 

クミンの食べ方

簡単にできるのは上記の実験でもあったようにヨーグルトに混ぜて食べることです。ヨーグルトにはすでに乳酸菌をはじめ、豊富な栄養素が含まれているので相乗効果が期待できます。独特の苦味が苦手な方は蜂蜜などの甘みを加えるのがお勧めです。

他にも白湯に少量のクミンパウダーとコリアンダーを溶かしたクミンティーは体を温め、胃腸の働きを高め代謝をアップさせてくれます。

毎日のお料理の炒め物に一振り加えると香りが一層引き立ち美味しくなります。野菜やお肉の炒め物にスパイスとして加えてみましょう。

クミンを使ったレシピは色々ありますので、ぜひお試しあれ!

 

クミンの摂取で気をつけること

美容、健康にとても優れているクミンですが、気をつけなければいけないこともいくつかあります。

1日の適量は小さじ1杯程度なので、摂りすぎには気をつけましょう。

セリ科の植物にアレルギーのある方が副作用が発生する可能性があるので避けましょう。アレルギー反応として喉の痒み、蕁麻疹、アナフィラキシーショックが起こる場合があります。

また色々な説が唱えられていますが、妊娠中、授乳中の女性は避けたほうが無難です。クミンシードには鉄分とカルシウムを多く含むため母乳の出を良くしてくれたり、胃腸の働きを助けるのでつわりに良いという説もありますが、適量の範囲にとどめること、また不安な場合はかかりつけの医師にご相談されることをお勧めします。

 

ロミロミマッサージなどハワイならではのユニークで豊富なメニューを取り揃えたアバサスパのご予約はこちらから

                ⇩

https://abhasa.com/rsv/